脱炭素は牛までも

ブログ

現在、イギリスのグラスゴーで開催されている気候変動対策の会議である「COP26」が開催されています。今回の会議では、温室効果ガスである二酸化炭素の削減とともにメタンの削減についても話し合われており、メタンの排出削減に向けて世界全体のメタン排出量を2030年までに20年比で少なくとも30%減らす目標を掲げたアメリカのバイデン大統領の提案に日本を含めた100以上の国や地域が参加を表明しています。

温暖化対策といえば、発電や燃料消費に伴う二酸化炭素排出量の削減が頭に浮かびますが、メタンの温室効果は二酸化炭素の25倍とされており、世界のメタン排出量は温室効果ガス全体の約17%を占めていることから、メタンの温暖化に対する影響は非常に大きいと考えられます。

メタンは農業分野での排出割合が高く、稲作や牛のげっぷ、廃棄物処理などが主な排出元のようです。牛のげっぷで温暖化?と思ってしまいますが、世界には牛が15億頭以上いると言われており、牛1頭が1分に1回げっぷをすることを考えると。吐き出されるメタンの影響は無視できないものになります。

ちなみに、人のげっぷにはメタンガスがほとんど含まれておらず、メタンガスが含まれるのはおならのようです。

牛のげっぷ対策としては、メタンガスの発生を削減するマスク、発生を抑制する飼料の開発などが進められており、今後、さらに加速していくことが予想されています。

▼牛用マスクについて

カーギルが牛用マスクを発売へ、げっぷで出るメタン吸収し温暖化対策
(ブルームバーグ):農産物商社の米カーギルは、牛が排出するメタンを吸収できるウエアラブル機器の販売を開始する。畜産業界の地球温暖化ガス削減に役立つ可能性のある英...

▼牛のげっぷを抑制する飼料について

温暖化対策、牛のげっぷ抑制へ 胃の微生物や餌を研究―農水省:時事ドットコム
農林水産省は牛のげっぷに含まれるメタンガスなど温室効果ガス排出削減の研究を加速させる。牛のげっぷと排せつ物は国内の農林水産分野の温室ガス排出量の3割近くを占める。同省は2021年度、排出削減につながる胃の中の微生物や餌の成分の分析を進める。

今年は丑年ですが、脱炭素の実現に向けて牛にも対策が求められることに驚きを隠せませんが、自然災害が頻発している昨今の情勢を考えると、やむを得ないのかもしれません。

近い将来、人のおならを抑制するサプリが販売され、エコ活としてブームになるかもしれませんね。(M)

タイトルとURLをコピーしました