メディア掲載

メディア掲載

地域社会が担う未来「持続可能な分散型社会」の実現を目指して

「地域循環共生圏」というコンセプトには、地域から人と自然のポテンシャルを引き出すことによる成長と発展への期待が込められている。都市化やグローバル化を背景に富の偏在や格差拡大に伴って取り残されてきた地域社会が、自然環境の保全や脱炭素化にも資す...
メディア掲載

「素材イノベーション」への挑戦 加速するコモディティ化への対抗手段

素材産業は、従業員数約120万人、事業所数約3万所、製品出荷額約56兆円、付加価値額約20兆円を誇る我が国の基幹産業である。 しかし、素材産業を取り巻く状況は前途洋々とは言い難い。製品ライフサイクルの短期化や新興メーカーの参入、大手メーカ...
メディア掲載

日本経済新聞 私見卓見

本日発行の日本経済新聞コラム・私見卓見に林代表の記事が掲載されました。 ご興味のある方はこちら→
メディア掲載

「地域金融」に求められる役割 地方創生への貢献という使命

「地域金融」に求められる役割は、融資などの財務支援だけでなく、地域企業の社会的価値を高めることにある。経済的・社会的な価値が高い企業が大きく成長すれば、日本全体に活力をもたらし、地方創生にもつながる。 ただし、残念ながら地域金融は、バブル...
メディア掲載

「ポストコロナ」時代の静脈産業 不確実性の中で問われる見識と覚悟  

1.「ポストコロナ」の時代を定義する 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)は、本年2月からわが国を含め世界中にその感染が拡大しており、外出禁止や自粛等に伴って国民のライフスタイル全般や価値観にまで大きな変化をもたらすに至っている。...
メディア掲載

「Society5.0」のインパクト 礎となり得るDFFTの実現

Society5.0とは、IoT・AI等の先端技術導入によって、これまでは行われてこなかった知識や情報の共有・連携を図ることで、課題や困難を克服する新たな付加価値を生み出す情報社会のことである。「地域循環共生圏」の創出には、Society5...
メディア掲載

「子育て世代」「高齢者」「観光客」への対応 相互連携と施策連動で複合的に実施

「地域循環共生圏」と聞いて、ごみの分別やリサイクルを連想する人は多いのではないだろうか。 地域循環から資源循環を想像し、資源循環からリサイクル、そしてごみの分別が頭に浮かぶのだ。 ごみの分別や中間処理・リサイクルの方法は自治体によって実...
メディア掲載

「自律分散型エネルギーシステム」実現の条件 社会的な意義に対する地域住民や企業の共感  

我が国政府は、再生可能エネルギーの主力電源化を前提とした自律分散型エネルギーシステムの(以下、「分散型システム」。)整備を目標に掲げているが、その道筋は全く見えていない。固定価格買取制度(FIT)導入を背景に、急速に普及が進んだ太陽光発電の...
メディア掲載

「ものづくり」の進化 「地域回帰」によるものづくりの復権

未来は誰にも分からない。しかし、その不確実性が昨今は特に高まっている。政治、社会、経済、自然等事業リスクの高まりは、これまでの人類の経験と英知の及ばない領域に達しつつある。日本のものづくりは、この「不確実」な時代にあって、適応し進化しなけれ...
メディア掲載

「ライフスタイル」変革を踏まえたビジネスモデル~シェアリングエコノミーとの親和性

「ライフスタイル」とは、人々の価値観が顕在化した姿である。人々の価値観は大きく変化し"所有から共有"という新たな変革が起こっている。この価値観の変革に一役買っているのがインターネットやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)である。これ...
タイトルとURLをコピーしました