メディア掲載

メディア掲載

リサイクルビジネス振興を支える政策

1.政策目標と現場ニーズのギャップ 産業政策という言葉は死語になりつつある。「行政機関に今後の成長産業を見極められるはずがない」というのがその根拠だ。最新の成長戦略でも、ビジネスのハードルを下げることや特区での規制緩和を図ることなど、企業...
メディア掲載

都市油田からの「燃料製造」「都市油田」再評価に資する技術開発

廃プラスチック等循環資源を「都市油田」に見立てた燃料製造への機運は、残念ながら萎みつつある。それでも、廃プラスチックと紙屑からRPFを製造して、石炭代替利用することは既に定着している。また、廃食用油からのBDF製造による軽油混合利用や、木質...
メディア掲載

川崎エコタウンにおける廃プラスチックの油化事業の実現可能性調査について

 川崎市では、川崎臨海部に立地する企業の環境技術の集積や基盤技術などの経営資源を有効に活用し、地域への環境負荷をできるだけ削減し、環境と産業活動が調和した持続可能な社会を目指すまちづくりを進めるために、平成9年7月に全国第1号としてエコタウ...
メディア掲載

都市鉱山開発に求められる「情報化」「標準化」「共有化」 国家目標としての資源循環高度化

資源矮小国の我が国では、廃棄物やスクラップから有用金属を回収・再生・利用する都市鉱山開発に対する期待が大きい。 一方、昨今は各種レアメタル価格が低迷しており、リサイクルビジネスにとっても事業化のメリットが見出せない状況に陥っている。資源相...
メディア掲載

炭素繊維リサイクルとの付き合い方 投資リスクを避けてメーカーの開発力を活用

炭素繊維リサイクルへの取組が本格化しつつある。正確には、今後利用拡大が見込まれる炭素繊維強化プラスチック(以下、「CFRP」という。)利用製品から、炭素繊維を回収するシステムの構築がその目的となる。炭素繊維は「軽くて、強くて、硬くて、錆びな...
メディア掲載

太陽光発電設備リサイクルが挑むべき課題 太陽光の未来を見据えた対策導入を

本年6月、国は「太陽光発電設備等のリユース・リサイクル・適正処分に関する報告書」をとりまとめた。FIT導入を契機に普及した設備の寿命を25年に設定すると、2030年度の排出見込量は約3万トン、2040年度には約80万トンに及ぶ。同報告書は、...
メディア掲載

メタン発酵の事業化に求められるシナリオ 地域活性化に資するシナリオ整備

メタン発酵は、廃棄物処理とエネルギー対策を両立する時代が求める処理技術である。各種リサイクル法の施行により、「残された課題は生ごみ」との認識が自治体関係者にも広がっている。うち、食品廃棄物は異物混入等のリスクが高く、肥料化や飼料化にはリスク...
メディア掲載

海外展開に必要な「人」「モノ」「金」海外展開モデルの現実解はEPC

アジア地域のインフラ整備に必要な資金は今後毎年95兆円規模と言われており、AIIBはその資金需要を満たすために創設されるとのことである。個人的には、各国企業が長年辛酸を舐めてきた中国を中心に、「迅速」な融資を行う機関を信用する気持ちにはなれ...
メディア掲載

「ソーティングセンター」が示唆する発想の転換 一括収集と大規模機械選別の組み合わせ

「分ければ資源、混ぜればごみ」という市民向けの標語は、一面の真実を含んでいるが不正確である。質の高いリサイクル原料を確保するには排出源の分別が有効なのは間違いないし、一度混ぜてから特定の素材を抽出するには手間もコストもかかる。ただし、廃棄物...
メディア掲載

マーケットを見据える目線 新規マーケットの創造を目指せ

 今から新規事業に取り組むリサイクラーに、容器包装リサイクルや家電リサイクルへの参入は全く勧めない。確立したマーケットは存在するが、さらなる拡大は見込まれず、何より再資源化能力が全国的に過剰となっている。制度の枠組みが強固で、実績のある既存...
タイトルとURLをコピーしました